虹の書斎

花散策 テニス(Rフェデラー• 観戦感想) 健康 肌ケア 音楽 時事 詩 雑記etc

今どきの夏

 

向かって右側だけが見える上弦の月が、南西の空に浮かんでいる。

7月も末日を迎え、明日からは8月。

雨の降らない梅雨らしくない梅雨が明けてからの方が、

むしろ曇りや雨模様の日が多かった気がするけれど、

今日は久しぶりに、真夏の太陽が遮るものなく照りつけていた。

アツイアツイ。

 

 

梅雨の時期から夏晴れが多く、熱気に煽られる日が続いていたせいか、

雨降りの体感が今年は少なすぎて、

どうも心理的・気分的に水が足りていない感じ…

何となく苦しい。

 

高い湿度にぶつくさ言いながらも、梅雨の豊富な水気を受けて心身が一息つく…

そんな例年の流れがないまま夏に突入してしまい、

波に乗れず、でも波に引きずられて進むようなぎこちない感覚がある。

早めにバランスというかリズムを整えていかないと、

後々、夏が終わりに近づく頃あたりになってから、

身体にじわじわ堪えてきそうだ。

 

 

もはや夏の普通の光景となってしまったゲリラ豪雨が、

今年も激しく、ピンポイントで都市部を攻め立てている。

九州や東北地方には、

土地の基盤そのものを揺るがすような、

防ぎようのない膨大な豪雨が局地的に降り続き、

あまりにも酷い被害をもたらした。

 

一方で、雨が降らず関東のダムの貯水量は減り続け、

取水制限が開始されていたり、

梅雨が明けてからの方が、若干だが気温的には過ごしやすい日があったりもする。

満遍なく均質に中程度。自然な流れ。

そんな慣れ親しんだ天候のあり方が形をとらなくなり、

新しくより厳しい型が出来上がり始めているかのようだ。

 

夏ならではの灼熱の太陽と青空、強列な陽射しと湿度と熱気…

そして突然の異常な雷雨と雹、

道は即席の急流の川となり、街の至る所で冠水が発生する。

従来の夏に温暖化がもたらす極端さが加わった今どきの夏は、

これからも年毎に、激しさを増すばかりなのだろうか。

 

 

これ以上の酷暑にスーツ着用ではあまりに危険すぎるので、

近い将来、着用禁止条例が制定されるかもしれない。

…というか、今すぐでもいいくらいに早くそうなったらよいと思う。

就活中の学生さんや外回りの営業さんたちのスーツ姿、

真っ赤になった顔を見ると、

今もうすでに、危険ではないか?大丈夫か?と、

心配になってしまうほどだから。

 

 

馨公