虹の書斎

花散策 テニス(Rフェデラー• 観戦感想) 健康 肌ケア 音楽 時事 詩 雑記etc

錦織圭というアジアの星


テニスの4大大会の一つ、

パリのローラン・ギャロスで行われている全仏オープン

右手首にダメージを負い、そのリカバリーを最優先に、

忍耐とともにクレーシーズンを送ってきた錦織圭選手も、

無事に参加し、勝ち進んでいる。

 

現在その右手首はどこまで回復しているのだろうか。

新たに右肩辺りを痛めたようなシーンもあり、気にかかるところなのだが、

軸のぶれない、強くて正確なショットが久しぶりにビシバシ決まっていたその2回戦を越えた今、

もう心配よりも、ここはあえて楽観視で、

応援して過ごそうと思う。

 

3回戦へと駒を進めた錦織選手は、世界ランク67位…

韓国のチョン・ヒョン選手と当たるとのこと。

アジア勢のトップと新鋭による戦い、

どういう試合になるのかが楽しみだ。

 

〜〜〜〜〜〜〜

 

赤土のローラン・ギャロス。1回戦。

深い緑色のウェアは珍しいな…と、

どこか頭の隅っこで思いながら試合を観戦していた時。

赤土の上で走り回る錦織選手…

見慣れないグリーンのウェア…

色彩の心理面への何らかの影響なのか何なのか、よくはわからないが、

錦織圭ってアジア人なんだよなぁそういえば、東洋人なんだ…」と、

アジア系、東洋圏の選手であることに初めて気が付いたみたいに、

何故か突然ハッとさせられた。

 

「世界の錦織」として活躍してきている錦織選手は、

いつからか固有名詞化しているようなところがある。

戦う場所も相手も世界が対象のため、

いつしか自分の中ではアジア感が薄れ、

ただただ錦織圭としてしか観なくなっていたのかもしれない。

けれども現実に錦織選手は日本人で、東アジア出身の東洋人。

むしろ世界が相手だからこそ、

ずっとアジアを背負い、代表し続けてきている選手なのだ。

 

 

欧米圏、豪州が引っ張り続ける男子テニス界は、

強さと実績という観点から見れば、

圧倒的に西洋主体、西洋主導のスポーツである。

数々のドラマを生んできた四大大会はもちろん、マスターズやその他の大会においても、

数多の覇者と挑戦者がしのぎを削ってきたその歴史を紐解くと、

そのほとんどを欧米豪の選手が占めており、

その後ろを中南米勢やロシアが続いていく。

 

強者は西洋圏出身プレイヤーオンリー…

それが今更言うまでもないくらいの男子テニス界の実際であり、常識なのである。

選手や関係者には申し訳ない言い方になってしまうけれども、

西洋はメジャー、残念ながら東洋圏はマイナー地域。

少なくとも西洋から見れば、

そうカテゴライズすることに異論は生まれないだろう。

 

もともと相対的に背が低くて、線が細いディスアドバンテージをもつとされるアジア系アスリート。

白人黒人選手のパワーに対抗できる筋力、体力。

個の強い西洋人の中でも戦い抜ける、激しい競争心と確かなモチベーション。

長いツアー生活に耐えられる心身のスタミナ、タフさ。

財政面や人種・文化の相違等、アジア系ゆえに起こりえる様々なコート内外の事どもに対応処理できる能力。

そして、西洋圏出身の選手を上回るテニスの実力。

 

欧米豪などの西洋人と、主に西洋のフィールドで戦う以上、

アジア系のディスアドバンテージを踏まえつつ、勝つための条件を継続して保つ…、

又はより高め続けていかなければならないことは明白である。

というより、それが基本線なのかもしれない。

アジア系のテニスプレイヤーの道はかように過酷で、生き残るのが極めて難しい道。

誰にでも容易に想像がつくようなシビアさである。

 

 

190cmを超える長身、豊かな体躯に恵まれることが、

まるで必須項目のようになってきている男子テニス界だが、

アジア系で、180cmに満たない錦織選手は、

過去数年間にわたって、世界のヒエラルキーのトップクラスに位置し、

BIG4や一部トップランカーを除く、ほとんどの選手達を凌駕してきている。

そして同時に、

トップ50以内にランクしてきた、ほぼ唯一のアジア出身選手でもある。

ずっとただ1人、突然変異のようにぽつんとそこに居続けている。

 

アメリカで10代の頃から鍛え上げられてきたからこその強さだとも言えるが、

世界中から集まった本気でプロを目指す面々の中でも、

勝ち抜いた…勝ち抜くことができたということでもある。

錦織選手が獲得してきたポジションをアジア系として鑑みる時、

それはどれだけイレギュラーなことなのか…。

 

おおよそ過去40年間、

現代テニスの父のようにうたわれるビヨン・ボルグ以降の男子テニス界において、

トップ5に届いたアジア系選手はたった2人しかいない。

アメリカ人だが台湾系のマイケル・チャンと、

日本人の錦織圭だけである。

純粋なアジア圏出身となると、錦織圭ただ1人である。 

ベスト20で調べてみたところ、

アジア圏出身のプレイヤーは、タイ出身の選手(9位)が1人いたという少なさだった。

 

過去40年でたった2人しかいないトップ5経験者。

その2人が師弟となりタッグを組んで、

本当の意味ではホームのないアウェイの環境の中、戦っている。

その事実を思うと、身震いするものがある。

 

 

世界の側から見た場合、

マイナーに位置する東洋圏から、なんでこんなすごい選手が出てきたんだろうと、

ただ不思議に思われてきたのだろうか。

それとも、アジア出身の選手に負けるなんて情けないと、

西洋圏出身の選手達はハッパをかけられたのだろうか。

 

日本人、として見てももちろんそれはそうなのだが、

東洋というくくりで改めて見直してみると、

錦織圭というテニスプレイヤーがいかに希有で特殊な存在なのかを思い知らされる。

欧米のメディアが錦織選手を形容する際に、

アジアの星、東洋のスーパースター、と表現をするのを度々目にしてきたが、

実のところ自分はその意味を、正しく理解してはいなかったのだなと、

今更ながらに、改めて、教えられた気がしている。

 

40年間でたったの1人2人…というテニスの歴史を思えば、

西洋の選手たちとしのぎを削り、ベストテン内に東洋人が在籍するなど、

通常では考えられない事態である。

個の強い欧米豪人の中で、

選りすぐりの中のさらに最上のファイターだけが勝ち残る世界、

その過酷な場所でただ1人、世界屈指の位置に当たり前にいる東洋人。

 

世界中の選手達や、テニス先進地域の西洋出身の選手達、

皆がほんの一握りのプロ中のプロしか辿り着けない天空の地を目指す。

そしてそのほとんどの選手達の願いは、叶うことがない。

そういうまさに万に一つの場所に、かつてマイケル・チャンはいて、

今錦織選手が存在している。

錦織圭というアジアの星。

その輝きの価値や凄さと、輝くための労苦と犠牲。

もしかしたらその異質な星をリスペクトし、輝かす大変さを最も理解しているのは、

日々戦う相手となる西洋の選手達なのかもしれない。

 


全仏3回戦は、

東アジア出身同士のアジア系対決という珍しい初顔合わせ

日本人の…、大きくみれば、

アジア系、東洋人でただ1人トップエリアに輝くスーパースターに、

新しくそこに近づこうとするアジア出身者の挑戦、

そんな構図の戦いである。

 

こういうアジア勢同士の試合がこれからはもっと増えていくのだろうか。

テニスに新たな角度からの楽しみが生まれていく。

3回戦、どうだろう。

錦織選手の怪我が心配なところだが…ではなくて、

楽観視で、観戦を楽しもう。

 

 

馨公