虹の書斎

花散策 テニス(Rフェデラー• 観戦感想) 健康 肌ケア 音楽 時事 詩 雑記etc

アカツメクサ(レッドクローバー)

 

シロツメクサとは別の場所で、アカツメクサの花を見つけた。

なんだか得した気分…うれし〜。

たっぷりの日差しを浴びて、葉の緑も生き生きと豊か。

植物たちがキラキラ輝いて見える。

 

アカツメクサシロツメクサは名前は対になっているけれども、

同じクローバーの仲間とはいえ厳密には別種で、

実際の姿はもちろんのこと、

それぞれが醸し出す生命の雰囲気や肌触りも、

結構はっきりと違っている。

 

素朴で平和な可愛らしさのあるシロツメクサは、

背が低くて横へと広がり、集団という印象を与えるのに対して、

アカツメクサは縦に50cmは成長し、

葉のつけ方や形が異なり、花も一つ一つという感じの咲き方をする。

まとまって群生はしていても、むしろ個の集まり…というような印象を受ける。

 

ところで。

アカツメクサの生命力は、花、茎、葉含めて威勢がよい。

説得力や感化する力のような、

何らか細かく…でもジリジリと、働きかけてくるパワーがあるのだ。

花を見つめていると何だかじわじわ暑くなってきて、

エネルギーがチャージされて血流が良くなるのか、

汗ばんでくるような体感を覚える。

 

優しい心根ゆえに熱っぽく説得をしてくる…

 

自分の前側から両肩に手を置かれ目を見て諭され、そのまま椅子に座らせられる…

 

そんな構図が不思議と心模様として浮かんできて、

はっ?なにこれ…

と頭の中でちょっと苦笑する。

でも、

その妙にリアルなイメージが、何とも興味深かったりもするアカツメクサの花、

なのである。

 

小さな花だけど大らかな熱さ温かさ。その奥にある思いやり。

表からは元気をチャージしてこちらの負を一掃し、

裏で手厚く癒し整えていくような、独特な誘導。

時々表裏がくるりとひっくり返って、優しさが表に溢れたりもするみたい。

 

濃いピンク色のアカツメクサの花は、

小さい花なのに頼りにしたくなる強さが備わっているようだ。

この花を前にすると、何となくたしなめられる気持ちというか、

自分を大事にしなさいよ…

自分も大事にしないとね…

と言われているような気がしてくるのである。

 

f:id:umenokiyoshitaka:20170517204502j:plain

f:id:umenokiyoshitaka:20170517204539j:plain

f:id:umenokiyoshitaka:20170517204614j:plain

 


馨公