読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

虹の書斎

花散策 テニス(Rフェデラー• 観戦感想) 健康 肌ケア 音楽 時事 詩 雑記etc

メンズ・セルフエステ 2

 

1からの続き

 

理論講習が無事に終わり、

続けてセルフ・フェイシャルケアの実技講習がスタートした。

 

まず洗顔をし始める。

顔を濡らして、洗顔料を指先に取り、

適切に馴染ませつつ全体にのばしていく。

直線的に肌をゴシゴシとこすると、強い摩擦が皮膚に過剰な負担をかけるし、

それでは汚れは取りきれない…との示唆。

小さくクルクルと円を描くような動きで…と指導が入る。

洗顔に続けて、

今度は使用量に注意しながらコットンに化粧水をとり、整肌をする…

 

インストラクターは過度に介入することなく、

1人1人の状況をチェックしては、

必要なアドバイスや適切なサポートを速やかに示して指導する。

参加者は一つ一つの工程作業に気を付けて、

分からないながらも近くの人と確認し合ったり、周りを真似てみたりして、

試行錯誤しつつもインストラクターの導きに従い、道筋を辿っていく…

 


洗顔、ディープクレンジング、簡単なフェイシャルマッサージ。

各人が自分なりに工夫して、セルフでフェイシャルケアを施していくうちに、

いつの間にか肌ケアをする参加者からは、

自意識過剰さや羞恥心が消え去っていた。

最後に仕上げのクリームを塗布する頃には、

クリームを伸ばしたり肌に入れ込んだりする手指や掌の使い方も、

ずいぶん様になっていた。

 

講習を開始した頃は本音ではイヤイヤの参加、逃げ腰的だった空気感。

それが実技講習が進み、知らなかったノウハウを実技を通して学ぶにつれて、

皆それぞれがケアすること、手技そのものを楽しんで、

場の雰囲気はまるで別の物へと変わっていった。

そして、お互いの肌の仕上がりを確認しては評価し合ったり、

自分でも知らなかった、本来の肌ツヤを見て驚く人がいたりと、

終わりの頃には、大変な盛り上がりとなったのである。

 

鏡を見て、自分の仕上がりを相当に喜んで、

目をキラキラさせて嬉しそうにしている姿。

実際目に見えて肌が整いキレイになったと、

ある種乙女?ようにはしゃいでいる男性達の姿は、

かなり微笑ましいものがあった。


よそよそしく、おどおどと、少し威丈高で、

それぞれさっきまで作っていたあの壁はいずこへ…

と思うところ無きにしも非ずではあったが、

こちらも参加者のそうした喜ぶ姿を見て、

心からの満足感とともに、素直に嬉しさを感じたのだった。

 


本来の健康な状態に近い、潤いのある血色の良い素肌には、

人を自然と喜ばせる美しい力が、そのように備わっている。

実際に自分の目でそれを見ると、女性だけでなくおじさんであっても、

いや、おそらくは自身の健康な素肌を見慣れていないおじさんだからこそ、

そんな風に嬉しさや喜びや快さをより一層感じて、

思わず笑顔になってしまったのかもしれない。

 

自分自身の本来に触れる、触れたというような感激や、

自分自身の肌のもつ健やかな美に気付き、驚きや喜びの実感を味わってもらうこと。

別世界のものとみなしてきた肌ケア、フェイシャルケアの、

その知識と実技のやり方を知り、

自分で実際に行い経験してもらうこと。

そういった体験、体感をしてもらえたらと願い行われた講習は、

予想以上に良い結末を迎え、

成功のうちに、無事終了した。

 

3へ続く

 


馨公