読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

虹の書斎

花散策 テニス(Rフェデラー• 観戦感想) 健康 肌ケア 音楽 時事 詩 雑記etc

ロジャー・フェデラー

日曜日に行われたフェデラー錦織戦は、

フルセットにまでもつれ込む試合となったが、

フェデラーが勝利した。

速いテンポ、卓越した心技体の結晶を見るような素晴らしさだったロジャー・フェデラーのテニス。

やっぱりフェデラーってフェデラーなんだなぁと、

ただただそう納得させられるプレーぶりだった。

本日行われた試合ではズベレフをストレートで下し、準決勝へと駒を進めた。

 

あまりに完成度が高いフェデラーの前では、ウィークポイントも目立ってしまったけれども、

だんだんと押されながらギリギリ耐え続け、

フルセットまで粘った錦織選手の力も半端ではない。

3回戦、世界ランク10位のベルディヒは、

フェデラーの研ぎ澄まされたテニスにまったく対応できず、

残酷なほど軽々と手玉に取られていた。

 

錦織戦でも引き続き力強く華麗なテニスを繰り広げたフェデラー

コースもスピードも申し分のないサーブ、

ストロークのスピード、強弱、その精度や駆け引き、

前後左右への打ち分けと、正確なプレースメント、

そして打点を自在に操りテンポを変え、相手の動きから試合そのものまでを支配してしまう掌握術。

引き出しの数、使えるツールの数、幅、懐の深さ、分厚さ…

 

後半には疲れなのかややミスショットも出ていたが、

特に2、3セットは圧巻の内容で観客を魅了していた。

こんなプレーをされて勝てる選手など実際いるのだろうか?

これで本当に35歳なのか?

このあとも疲労や怪我トラブルがなければ、疑念をはさむ者がいないような優勝大本命ではないかと、

そう思えるクォリティだった。

 

フェデラーが優勢の中にも錦織選手が見事に切り返してその実力を見せれば、

またフェデラーがそのお返しをする。

緊迫した空気の中、1ポイントを交互に取り合うたびに、

会場では賞賛と驚き、感銘の溜め息が混じり合う歓声と拍手が巻き起こった。

2人のテニスは宝石のような、芸術のような、とてつもない一球一打の連続だった。

 


識者やファンだけではなく、マレーやフェデラーを含めたトップ選手たちが、

錦織圭は非常に俊敏なフットワークをもつトップ選手の1人であり、

特に今世界のベストレベルのショットメイカーだと公言している。

そんな錦織選手でも太刀打ちできない速さの精確なショットをフェデラーは打ち込み続け、

その中の実に83本ものショットがウィナーとなった。

ちなみに次戦のズベレフ戦では、60本以上のウィナーを3セット1時間32分の間に決めている。

 

錦織選手が放ったエンドラインギリギリの強烈な打球も、

フェデラーはハーフバウンド気味にことごとく拾い、叩き返し、

それがまた錦織側サイドライン、エンドラインギリギリのところへことごとく決まっていく。

ほとんどマジックのようなストロークは、ほぼ最後まで変わらず保たれた。

 

どんな選手にとってもラリーどころかまずリターンが可能なのかと思うような、

目を瞠るような高速・高精度のテニス。

むしろ足も速くベストリターナーの1人である錦織選手だから、

ギリギリ届いて打ち返し何とかラリーにできていた、と考える方が理に適う。

マレーやジョコビッチ等を除く、他のほとんどの選手では、

まずラケットがボールに届きもしないのではないか。

まさしく異次元レベルのストロークぶりだった。

 


そのフェデラーに対して錦織選手はすごいな…

と感じたシーンが実に何度もあったが、

全力のフェデラーに押され続けながら2-2のタイに持ち込み、

ギリギリのところでフェデラーを受け止めていたその器に驚かされてしまった。

ウィナーも40本以上決めている。

5セット目はサービスを先にフェデラーがブレイクしたため、

実際にはそこで試合が決してしまった感がありはしたものの、

最後まで何とか食い下がっていた。

あの観客の応援に後押しされた、あの出来のフェデラーにそんなことができる選手が果たして何人いるだろうか。

個人的には、フェデラーが凄すぎる分だけ、

錦織圭という選手の今の凄さ強さもよく分かり、

それが心に刻み込まれた試合となった。

 

そして同時に、全力のフェデラーによって、

2人の差がどこにあるか、どう違うのかが、

見えて浮かび上がってしまった試合だったようにも思う。

ウィークポイントがよりクリアに露呈された格好と言えるだろうか。

自他共に認めるようにサーブの弱さが、このような高次元の試合だとどうしても悪目立ちし、

フェデラーに何度もセカンドサーブを打ち込まれエースを取られていた。

スピードというよりむしろ精度、入る確率が低く、

入れるべき時に入らない両者の違いが如実に出てしまっていたのが残念だった。

また本人も言う通り、メンタル面の優しさのことがよく取りざたされるが、

この試合序盤でも、明らかにゲームの主導権を掴んでいるそのグリップを、

自ら緩めてしまうような部分が見られたと思う。

 


フェデラーがしかけて押し、錦織選手が受けて凌ぐ構図に次第になっていった試合は、

トップ同士が四つに組んでぶつかり合う、濃密でヒリヒリするような戦いだった。

王者でありながら挑戦者のように、

フェデラーは戦術戦略準備万端で、錦織選手との試合に勝つために全力で臨んでいた。

このようにフェデラーが本気モードで、錦織選手を負かそうと全力を尽くす姿は初めて観たような気がした。

そして勝利が決まった瞬間のフェデラーの飛び上がって喜ぶ姿、

あんな感情もあらわな姿も初めて観たように思う。

そのことが今の錦織圭のレベルを何より証明しているということなのだろう。

観ていて何とも言えない気持ちにさせられた場面だった。

 

こうなると、もう王者フェデラーの優勝するところが観たい。

ゴフィンとディミトロフの勝者が決勝に出てくることはあるだろうか

ワウリンカのバックハンドとパワー、そして勝利への執念。

けれど彼のフットワークで今のフェデラーの速さについて行けるのか。

サーブとネットプレーにフォアハンドも武器にしたラオニッチが立ちはだかるのだろうか?

それともここにきてまさかフェデラーvsナダル

実現されてしまうのか。

そんなことになったら世界中が嬉しさのあまり、

試合前から涙を流してしまうはずだ。

やっぱりテニスは素晴らしい。

準決勝が近づいてきた。

 


馨公(よしたか)