読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

虹の書斎

花散策文や詩、音楽やスポーツ、健康や時事関連等心の赴くままに記しています。

クチナシの花

 

今の時期、住宅街を歩いていたりすると、

どこかの家の庭に植えられているのだろう…

濃さのある甘さに、かすかな酸味とパウダリーな余韻のある、

クチナシの花の香りが、

風に乗って、フワリ鼻をかすめる時がある。

 

なんて素晴らしい香りなのだろう。

こんな風に、一瞬で人の心を捕らえ、

恍惚とさせてしまう甘美さは、

何に例えられるだろうか。

甘さが濃密でどこか生々しく、

そして繊細で複雑な、コクのあるこうばしさ。

 

数ある花々の中でも、金木犀や沈丁花と並び、

筆頭レベルに数えられるクチナシの芳香。

5、6枚の白の花弁を、

濃い緑の葉に敷き詰めるようにして、

開花時期の今、香り豊かに咲いている。

 

華やかさと重みと奥行き…まろやかさ。

エキゾチックで陶酔させるような、

抗いがたい、忘れがたいかぐわしさ。

その場から離れがたくなるような、

どこか禁断の趣さえあるこころよさ。

女性用の高級フレグランスに、

こぞって用いられるのも当然と思えてくる。

 

花粉を運んでもらうため、

虫を寄せる手段としてこの香りを生むのだろうけど、

果たして、どこをどう調香すれば、

この傑作の香りを、自らで生み出せるのか。

生き物としてのその力に、脱帽してしまう。

 

f:id:umenokiyoshitaka:20160611002308j:plain

f:id:umenokiyoshitaka:20160611002422j:plain


よしたか