読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

虹の書斎

花散策 テニス(Rフェデラー• 観戦感想) 健康 肌ケア 音楽 時事 詩 雑記etc

冬から春。体調管理の難しさ

 

冬から春へと季節が移り変わるこの時期は、

心にも身体にも、その変化の影響が及ぶ。

夏や冬のようにくっきりと陰陽が分かれ、

暑さや寒さのように、対象がはっきりとしている時期とは異なり、

春先は、陰陽が複雑に入り混じる時。


陽射しは春の強さでも、冬模様の寒さだったり、

真冬並みの寒の戻りでも、

日は長くなり、花粉が春を告げていたり。

日毎に気温が乱高下して、

季節が入れ替わることも珍しくない。


徐々に気温が下がり、落ち着いていく夏から秋に比べると、

冬モードから春仕様への移行期は、

捉えどころがない日々の変化に応じて、

ずっとややこしい作業を強いられているような、

そんな、しんどい体感がある。


春への移行時期の、

心身のアジャストメントの過程においては、

内臓の具合や吐き気、頭痛・めまいのような、

この時期特有の、身体面での不調があらわれる場合があったり、

ホルモンバランスや自律神経系の乱れなどから、

精神的・情緒的にイライラや不安感・不定愁訴が続いて、

うつ気味になってしまうことなども、

どうやらあるらしい。


心身はいろいろなレベルで、

バランス調整や、舵取りの調節を頻繁に行うことで、

恒常性を保つようにしてくれているのだと思う。

 

個人的なことになるが、

毎年今の時期になると、

胃のあたりが何となくグラグラとして、

めまいや頭痛、吐き気があらわれることが多い。

病院で診察を受けてみても、具体的にはよく分からないらしく、

ある種の季節的な症候群のようだ。


体感としては、周波数がうまく合わないというか、

合わせ切れずにバランスが崩れてしまうというのか。

神経レベルや、生体バランスというような、

とても細かいところの集積から生じてくる不調和にその根はあるのかな、

という感じの具合だ。


例えば。

目まぐるしく浮沈・往き来する気温の変動や季節の気配。

より細かいところでは、

気の流れや、微小な周波数の変化や揺れみたいなもの。

神経は、きちんとそれらを感知していて、

知覚できないくらいの微細なレベルで、

生体が何らかの調節や調整、対応を随時行っている。


そして、そこに過度に細かく、頻度高く負荷がかかることで、

ある種のオーバードライブ状態に陥るように、

バランスの乱れが生じてきてしまう。

その影響が、神経系や生体にネガティヴな作用となって及ぶことから、

吐き気やめまい・頭痛のような不調となっておもてに現れてくる…。


病気として言明できる出方ではないところにややこしさがあるのだが、

そういった類のシステムエラー、

電気信号の流れの不具合みたいなものなのではないか。

調節対応過多、過負荷による神経疲労、

アンバランスの積み重ねに、その一因があるのではないか。

そんな風なものと推測し、受けとめてみている。


エネルギーや気のレベルに精通しているような、

正統なプロのヒーラーや専門家ならば、

その春の症候群が起きる仕組みの奥行きを理解していて、

紐解けるのかもしれない。

 

ホルモン分泌の変化が3月頃はあるようなので、

その影響がこのような形でおもてに出る可能性もあるが、

出てき方や出る箇所には個人差があり、

特に問題など起きず、普通に日々を過ごしていく人もいたりする。

そのあたりの、はっきりしていない、

明確に病と断定できない不可解さが、

社会的理解を得にくくさせ、

実体の見えにくさを助長しているように思う。


人によっては毎年経験する、

こうした春先特有の症状や体調の具合。

確定した病気のようにはっきりと証明されておらず、

そして、何とか耐えていける(いくしかない)ものであるために、

現状の問題解決をしていくというよりも、

日々をやり過ごすことで凌いでいく、という対処の仕方が、

今はまだ一般的なのだろう。

 

2へ続く

 

よしたか