虹の書斎

花散策 テニス(Rフェデラー• 観戦感想) 健康 肌ケア 音楽 時事 詩 雑記etc

満月はつらい

 

今日は満月。

 

夜空の月は何とも惹きつける魅力があり、

風情があって好きだけど、

満月前後は、いつも体調と気持ちがツラい。

感情的に何だかもんやりと重く、頭も重く、

ちょっとのことでイラついたり落ち込んだりして、

制御がうまく効かない感じになる。

思考するのがおっくうで、

頭がまわらない。

 

満月近辺の、こうした目に見えない作用は、

科学的にどう言われているのかはわからないが、

情緒面や体調面での影響に関しては、

ぼくの場合は現実的なもので、

後から満月なことに気付いて、

だからか…となることも少なくない。

 

職場などで周りを見ていると、

満月頃は話し言葉の語気が荒かったり、

所作がいつもよりぞんざいだったり。

全員ではないけれど、何となく全体に不穏さがあるので、

言動と距離感には、注意して過ごすようにしている。

そうなのだと、むしろ意識化してしまう方が、

かえってラクで、精神的に健全に過ごせる気がする。

 

ひどい時とそんなでもない時があるが、

季節や時期的なものや

天候や気圧も関係しているようだ。

もしかしたら占星術的にみて、

月が滞在しているサインとの絡みがあるとか…

何か他にも原因があるのかもしれない。

 

もういつものことなので慣れてはいるものの、

こればかりはうまく折り合いをつけて、

付き合っていくしかない。

開き直って、だるさや重さ、

情緒の揺れも自らに許すことにしている。

 

こうした満月とか新月とかの何らかの影響や、

台風や高低気圧の動きによって、

その変化で頭痛やめまい、感情面で苦しむ人は、

女性はもちろん、男性であっても、

公にはそんなに聞こえてこないけれど、

意外にいるのではないのかなと、思っている。

 


よしたか

広告を非表示にする