虹の書斎

花散策 テニス(Rフェデラー• 観戦感想) 健康 肌ケア 音楽 時事 詩 雑記etc

時事

投票無事完了

いよいよ衆議院議員総選挙が明日となった。 突然の利己的な解散とも、 長いスパンで鑑みると、ここでの試みは想定内とも見て取れるような解散だったが、 その発表後はむしろ、与党よりも野党側の動きがあれこれとニュースになるひと月だった。 希望の党が立…

アメリカの分裂と混沌

トランプ大統領が選挙期間中から掲げていた政策内容。 その実現への移行の仕方があまりに唐突で急激であるために、 リベラル派や既存の体制支持者の人々には、 感情的心理的な非常事態が発生しているように見える。 動転・動揺したショックからいまだ抜け出…

米大統領選その後

アメリカの大統領選は、 下馬評を覆すドナルド・トランプ候補の勝利で決着がついた。 ニュースや新聞では「Trump triumph」と見出しがつけられ、 想像以上の驚き…こんなことになるとは… という落胆をにじませて、 逆転勝利の詳細報告へと繋げていた。 全米各…

次期アメリカ大統領いよいよ

ドナルド・トランプ候補が大統領選出馬を決めてから。 その是非についての議論は活発にされてきたものの、 いつか勢いは失速して舞台からは消えるだろうと、 誰もがそう予想していた。 結局アメリカ国民も世界も、 トランプ候補の一挙手一投足に、 最後まで…

お昼の情報番組のもつ力

先週、東京都議会が開会され、 小池百合子都知事の所信表明が行われた。 当選直後からオリンピックや豊洲市場問題など、 連日小池都知事の一挙手一投足をカメラが追う夏だったからなのか、 そういえばそうだった。でも今ごろって気もするな…と、 そんな思い…

イギリスのその後と覇権争い

EU離脱という衝撃の結末となったイギリスの国民投票から、 一週間ほど経過した。 こんなはずではなかったというイギリス国民の声が、 様々な思惑をもって溢れているようで、 その様子がニュースや特集番組で伝えられている。 デモが各地で起こり、 EU離脱反…

イギリスのこと

世界中が注視し、 固唾を飲んで見守り続けた、 この度のイギリスの国民投票。 結果は、EUからの離脱派が勝利した。 個人的には、いくら何でも残留するはず… 結局は離脱せず、残留に落ち着くことになるだろう…と。 イギリスの動勢を「タカをくくって」見てき…